ノビルンの効果

「ノビルンは効くのかな?」
「ノビルンは商品名のとおり身長が伸びるんだろうか?」

という疑問が多くの方にはあるでしょう・・・
実際に中身を調べてみると、ノビルンは成長期に必要な栄養素をバランスよく配合した栄養機能食品となっています。

・・・ノビルンには以下の特徴があります。

●カルシウムを効率的に吸収するためのボーンペップ配合*

* ボーンペップは、卵の黄身から発見されたペプチドたんぱく質で、骨の成長を助けるといわれています。  ボーンペップが発見されたのには、ひよこの孵化の過程がとても速い事にありました。  卵が産まれてからたった21日でひよこに成長しとても速いです。そのスピードに大きく関与しているのが、「ボーンペップ」です。  「ボーンペップ」には、骨の成長、骨密度に大きく関与している事がわかってきました。  骨の構成に欠かせない成分といえばカルシウムですが、カルシウムと一緒にボーンペップを摂取することで、骨の成長をはやめ骨密度を高める効果が期待できそうだと分かってきました。  ボーンペップは、卵黄に含まれている脂質を除去した後に酵素で処理を施すことで作られます。  「カルシウム、マグネシウム、に加えてボーンペップ配合」

● カルシウムの吸収をさらに促進する「ビタミンD**」、丈夫な体の土台を作る「ビタミンB6***」も配合

**ビタミンD の主な効果は二つで一つは 体内に入ってきたビタミンDは肝臓や腎臓で処理された後、カルシウムの吸収を高める役割を担います。
もう一つが成長期に必要なカルシウムに関係しています。カルシウムは丈夫な骨を作る栄養素として知られていますが、ただ摂取するよりも同時にビタミンDを摂取する方がより効果的に カルシウムが体に吸収されます。
**ビタミンB6は、 水に溶けやすい「水溶性ビタミン」に分類される「ビタミンB群」の一つです。
特にたんぱく質の代謝と深い関わりのある栄養素です。  たんぱく質は多数のアミノ酸が結合したものです。そのままだと分子が大きすぎて体内に吸収されません。  そのため一旦分解してから再合成することで、たんぱく質となることができます。  この過程で必要となるのがビタミンB6です。  ビタミンB6は、「たんぱく質を分解してアミノ酸にする酵素」、そして、「アミノ酸を体内で利用しやすい形に合成する補酵素」としてたんぱく質に大きく関与しています。
体内で使われずに余ったアミノ酸をエネルギーへと変える際にも、ビタミンB6がないとできません。  たんぱく質の摂取量が多ければ、それに応じてビタミンB6の摂取量も増やさなければいけません。  体の成長にはたんぱく質が必要で、つまり同時にビタミンB6も必要という事になります。

●子供の身長を伸ばす効果があると実証済みの「アルギニン****」配合。

****アルギニンは脳下垂体から分泌される成長ホルモンの合成をうながすホルモンです。
成長ホルモンは成長期の子供では骨や筋肉の成長を助けるホルモンです。つまりは身長の伸びに必要なホルモンです。
アルギニンは体内で合成されるアミノ酸なんですが、成長過程の子供の体内では合成速度が遅く、積極的に食品から摂取した方がよいとされています(準必須アミノ酸として考えられています)
大人になると、アルギニンは十分量が体内で作られ、補充する意味は大きくはなくなります。
成長ホルモンは成長期の10代で最も多く分泌され、加齢とともに減少し、40代では約半分にまで低下します。

●***** α-GPCは、母乳にも含まれる成分にかかわっている事がわかっています。

α-GPCとは、母乳に含まれる成分で、グリセリルホスホコリンといわれる栄養成分です。
体内で生命活動の中心的な働きをする事、いろいろな代謝にも関与することが考えられており近年注目されている成分です。  α-GPCは、体調不良や活動低下、脳機能低下にかかわっていると考えられています。 α-GPCは体内に存在する生体正常分子ですが、食品工業分野では大豆リン脂質から分離生成されます。 水によく溶け、甘い味が特徴です。  アメリカでは10年以上前から、日本国内では厚生労働省が2006年に食品成分として認可し、2009年に認可を正式発表しています。
現在では、栄養補助食品として商品化が進んでいる注目の物質です。
α-GPCは、体内では成長ホルモンの分泌を促進する効果があり、乳児にとっては非常に重要な成分です。

●スーパーフード 「スピルリナ」 ****** も配合

****** スピルリナは今から30億年以上も昔に地球上に誕生した最古の植物と言われる藍藻類の一種で主にアフリカや中南米の熱帯地方の塩水湖に自生していて現地の人々は古来から食糧として利用されていたそうです。 大きさは0.3~0.5mmと非常に小さいのですが、 想像できないほどの栄養成分です。 昔の人は経験的いスピルリナが優れた栄養食品であることを知っていたと思われます。
最近になって「スピルリナ」 がバランスのとれた栄養食品として病気の予防・改善や美容に役立っていると注目されています。

成分 スピルリナ(4g)
たんぱく質(g) 2.5   タンパク質の含有量スピルリナ:65~70%
食物繊維(g) 0.2
カルシウム(mg) 44
鉄(mg) 3.6 1.1
β-カロテン(μg)
ビタミンB1(mg) 0.13
ビタミンB2(mg) 0.16
ビタミンB12(mg)** 5.6
微生物学的測定法による

タンパク質の含有量 ・・・参考

スピルリナ:65~70%

大豆:   34.3%
牛肉:   19.3%
卵:    12.7%
魚:    20.0%

合成保存料・着色料は一切不使用

日本国内のGMP認定工場(医療品レベルの品質を確保する工場)で製造をし、厳しい品質チェック済みです。 さらに放射性物質、重金属検査もクリアしています。
サプリメントについて知識がある方なら、以上の特徴を見れば内容がすごいのはわかるかと思います。 子供の身長に良いとされるもの・・・がほとんどと言っていいほど配合されています。
しかも・・・小粒のタブレット型のサプリメントに詰め込むことに成功して、なおかつ味が悪くないのです。

コメントは受け付けていません。